世にも奇妙な物語 2021年夏の特別編 あらすじ感想【デジャヴ他】

2021年6月26日(土)にフジテレビ系列で夜9:00~11:00に「世にも奇妙な物語’21夏の特別編 」が放送されることになりました。

放送される作品は、現在のところ、上白石萌歌さん主演の『デジャヴ』、加藤シゲアキさん主演の『三途の川アウトレットパーク』、又吉直樹さん主演の『成る』の3作品が予定されています。

そこで今回の記事では、この3作品のキャストやあらすじ、感想についてお伝えしていきます。(※感想につきましては、放送後に追記します。)

世にも奇妙な物語’21夏の特別編「デジャヴ」キャストやあらすじ、感想

「デジャヴ」のキャスト・スタッフ

<キャスト>

  • 南野ひかり(演・上白石萌歌)
  • 南野正隆(演・鶴見辰吾)
  • 進藤亜紀(演・玄理)
  • 南野凛子(演・亜呂奈)

<スタッフ>

  • 脚本:荒木哉仁
  • 演出:城宝秀則
  • 編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
  • プロヂュース:中村亮太、関本純一

「デジャヴ」のあらすじ

南野ひかり(上白石萌歌)は、ある朝目覚めると、スーツ姿の男性と女子高生の仲むつまじい父と娘の姿が見る。だが、二人の姿は見えなくなり、また再び同じ光景が繰り返される。

ひかりは、これは「デジャブ」なのかと思った瞬間、激しい頭痛に襲われ、背後に覆面を被った男の気配を感じる。しかし、彼女があわてて振り返ると、そこには誰もいなかった。

頭が混乱していたひかりだったが、そこでスマホの通知音が鳴り、画面を見たら誕生日おめでとうのメッセージが続々と届いていた、彼女は今日が自分の誕生日であることに気づき、嬉しそうに返信をする。

ひかりがリビングへ降りていくと、父・正隆(鶴見辰吾)、母・凛子(亜呂奈)の姿がある。ひかりは凛子ととりとめのない会話をするが、ここでまた過去にも経験したことがあるような「デジャヴ」を感じる。

朝食後、正隆の部屋の前を通ったひかりは、そこで物音を耳にした。おそるおそる扉を開けると、そこには例の覆面男が部屋を物色している最中だった。男はひかりの存在に気づいてそこでゴルフクラブで襲われそうになるが…彼女が目を開けると、男の姿はそこには無かった。

その日の夜、ひかりは凛子とケーキと豪華な食事を用意して正隆を待っていたが、また正隆の部屋から何やら物音がした、ひかりが正隆の部屋へ行くと、例の覆面男ぎいて再びゴルフクラブで襲われそうになる。

ひかりが目が明けると、彼女は薄暗い部屋のベッドに横たわっていた。そして目の前には正隆がいるが、いつもと様子が違う。正隆は脳科学者で、大学の同僚である進藤亜紀(玄理)と何やら研究をしており、それとひかりのデジャヴに何か関係があるのか?そして、覆面男は一体何者なのか?

「デジャヴ」の感想

ご存じの方も多いかと思いますが、「デジャヴ」とは、既視感のことで、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる現象のことを言います。

なぜ、主人公のひかり(上白石萌歌)が何度もデジャヴを体験するのでしょうか?

その秘密は、ひかりの父親で脳科学者の正隆(鶴見辰吾)が研究している内容と何か関係がありそうですよね。

鶴見辰吾さんのことですから「一見普通の父親のように見えて、実は裏の顔がある」みたいな怪演を見せてくれそうです。

(※感想につきましては、放送後に追記します。)

世にも奇妙な物語’21夏の特別編 「三途の川アウトレットパーク」キャストやあらすじ、感想

「三途の川アウトレットパーク」のキャスト・スタッフ

<キャスト>

  • 木村 孝(演・加藤シゲアキ)
  • 大原芽生(演・島崎遥香)
  • 田中 春(演・潤 浩)
  • サイノ(演・芋生 悠)

<スタッフ>

  • 原作:寺田浩晃『三途の川アウトレットパーク』(小学館『サンデーうぇぶり』 掲載)
  • 脚本:安江 渡
  • 演出:植田泰史
  • 編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
  • プロヂュース:中村亮太、関本純一

「三途の川アウトレットパーク」のあらすじ

木村孝(加藤シゲアキ)は、霧がかかっている河原で仰向けに倒れて気を失っていた。彼が目を覚ましてあたりを見回すと「三途の川」という看板があり、自分が死んだことに気づく。

やがて孝の目の前に巨大なショッピングモールが現れ、そこで冥界の住人・サイノ(芋生悠)が「ようこそ、三途の川アウトレットパークへ」と声をかけた。

三途の川アウトレットパークでは、生前の行いによって「徳」という金銭を得ることができ、それをモール内のショッピングで使うことができる。だが、孝の得た金銭はたった6枚の古銭のみだった。

孝はショッピングモールの中で、田中春(潤浩)という少年に出会い、春が生前は病気で運動ができなかったので、生まれ変わったら野球がうまくなりたいという夢を聞かされる。

孝は春から自分が生まれ変わったらどうなりたいかを聞かれる。そして、彼は生前に目つきが悪いことで苦労してきたので、生まれ変わったら目を変えたいと答える。

だが、そこで孝は生前、唯一自分の目が好きだと言ってくれた、仕事先の病院の入院患者の大原芽生(島崎遥香)のことを思い出す。

孝はそんな芽生の病気を治すためにある決意をしたのだが、その矢先に冥界に来てしまったのだった。孝は芽生が今どうしているのかと思っていると、突然彼女が目の前に現れた。果たして二人の運命はどうなるのか?

「三途の川アウトレットパーク」の感想

死後の世界にアウトレットパークってすごい発想ですよね。

生前の行いが良かった人は豪遊して、行いが悪かった人はウィンドウショッピングをするんでしょうか?

あと、冥界では「生まれ変わること」が会話されるということは、やがてみんな転生するんでしょうかね。

一体、どんな世界観のドラマなのか楽しみです。

(※感想につきましては、放送後に追記します。)

世にも奇妙な物語’21夏の特別編 「成る」キャストやあらすじ、感想

「成る」のキャスト・スタッフ

<キャスト>

  • 岩屋賢太郎(演・又吉直樹)
  • 実況(演・浅野和之)
  • 解説(演・工藤美桜)

<スタッフ>

  • 脚本:相馬光
  • 演出:植田泰史
  • 編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
  • プロヂュース:中村亮太、関本純一

「成る」のあらすじ

有名棋士の岩屋賢太郎(又吉直樹)は、”不惑”という名前のAI棋士との対局に臨む。

岩屋が駒を返すと「朮」という文字が、彼はその漢字が読めず、意味もわからない。そして次はAI棋士が駒を返すとそこには「明美」という文字が。

「明美」とは岩屋が週刊誌に写真を撮られた際に一緒にいた女性だ。彼は平静を装うも動揺を隠しきれない。その一件で岩屋は妻と離婚協議中だったのだ。

さらに対局を進めていくと、岩屋にとって中学時代のトラウマになったある言葉が現れる。耐えきれなくなった彼は部屋を出ようとするが扉が開かない。

岩屋が対局に戻ると今度は駒に「5月3日」の文字が浮かびあがった、それは彼にとって忘れることができない母親との出来事があった日だった。

岩屋はその出来事を思い出し奮起し攻めに転じた、果たして彼はAI棋士との対局に勝てるのか?

「成る」の感想

AI棋士に精神的に揺さぶられながら対局する天才棋士、正に世にも奇妙な物語らしいストーリーですよね。

演者は、主演の又吉さんの他は、実況と解説ぐらいのようで、ほとんど又吉さん一人で展開するドラマになりそうです。

天才棋士感漂う又吉さんの迫真の演技に期待したいですね。

(※感想につきましては、放送後に追記します。)

まとめ

以上、「世にも奇妙な物語’21夏の特別編 」で放送された『デジャヴ』『三途の川アウトレットパーク』『成る』の3作品について、あらすじと感想をお伝えしました。(※感想につきましては、放送後に追記します。)

2021年6月26日(土)にフジテレビ系列で夜9:00~11:00で放送されますので、お楽しみに!