世にも奇妙な物語 2021年夏の特別編 あらすじ感想【デジャヴ他】

2021年6月26日(土)にフジテレビ系列で夜9:00~11:00に「世にも奇妙な物語’21夏の特別編 」が放送されました。

放送された作品は、吉瀬美智子さん主演の『あと15秒で死ぬ』、加藤シゲアキさん主演の『三途の川アウトレットパーク』、上白石萌歌さん主演の『デジャヴ』、又吉直樹さん主演の『成る』、の4作品です。

いずれもこれまでの「世にも奇妙な物語」の良さもありつつ、時代の世相を反映させたりと、新しい試みが盛り込まれた作品でした。

そこで今回の記事では、この4作品のキャストやあらすじ、感想についてお伝えしていきます。

世にも奇妙な物語’21夏の特別編 「あと15秒で死ぬ」キャストやあらすじ、感想

「あと15秒で死ぬ」のキャスト・スタッフ

<キャスト>

  • 三上恵(演・吉瀬美智子)
  • 死神(演・梶 裕貴)
  • 宝林佐奈(演・山口まゆ)
  • 宝林順子(演・赤間麻里子)

<スタッフ>

  • 原作:榊林 銘『十五秒』
  • 脚本:荒木哉仁
  • 演出:城宝秀則
  • 編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
  • プロヂュース:中村亮太、関本純一

「あと15秒で死ぬ」のあらすじ

真夜中、薬剤師・三上恵(吉瀬美智子)は診療所の薬剤室で作業していると、突然体が動かなくってしまった。そして、彼女の目の前には赤い血しぶきと銃弾が目の前で静止した状態で浮かんでいる。

彼女は「時間が止まったのか?」と、頭の中が混乱した状態になった、

すると、そこに死神(梶 裕貴)が現れ、恵に「ご愁傷様です」と言葉をかけて彼女が死んでしまったことを伝える。

だが、恵にはまだ15秒だけ寿命が残っており、その間は自由に時間を止めたり動かしたりすることができることがわかる。

彼女は残された15秒で、自分を撃った人間を探すことになる。

果たして、恵はこの15秒をどう過ごすのか?犯人は見つかるのか?

「あと15秒で死ぬ」の感想

このドラマは、榊林銘氏による『十五秒』という小説が原作で、2015年に第12回ミステリーズ!新人賞の佳作を受賞した作品です。

被害者が死ぬ直前の15秒で犯人を探したり仕返しをするなど、今までにない斬新な設定で面白かったです。

私は、その斬新な設定を楽しみつつも、「こんな少女が、どこで銃と弾丸を手に入れたんだ?」ってのがずっと引っかかってしまいました^^;

そして、二転三転する展開も楽しめました。ラストも綺麗で良かったです。

ところで、死神役の梶裕貴さん、妙に発声が良く得美声だなーと思ったら、『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役などで活躍している売れっ子声優さんなんですね。

最近、声優さんもドラマにバンバン出演していますよね。

世にも奇妙な物語’21夏の特別編 「三途の川アウトレットパーク」キャストやあらすじ、感想

「三途の川アウトレットパーク」のキャスト・スタッフ

<キャスト>

  • 木村 孝(演・加藤シゲアキ)
  • 大原芽生(演・島崎遥香)
  • 田中 春(演・潤 浩)
  • サイノ(演・芋生 悠)

<スタッフ>

  • 原作:寺田浩晃『三途の川アウトレットパーク』(小学館『サンデーうぇぶり』 掲載)
  • 脚本:安江 渡
  • 演出:植田泰史
  • 編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
  • プロヂュース:中村亮太、関本純一

「三途の川アウトレットパーク」のあらすじ

木村孝(加藤シゲアキ)は、霧がかかっている河原で仰向けに倒れて気を失っていた。彼が目を覚ましてあたりを見回すと「三途の川」という看板があり、自分が死んだことに気づく。

やがて孝の目の前に巨大なショッピングモールが現れ、そこで冥界の住人・サイノ(芋生悠)が「ようこそ、三途の川アウトレットパークへ」と声をかけた。

三途の川アウトレットパークでは、生前の行いによって「徳」という金銭を得ることができ、それをモール内のショッピングで使うことができる。だが、孝の得た金銭はたった6枚の古銭のみだった。

孝はショッピングモールの中で、田中春(潤浩)という少年に出会い、春が生前は病気で運動ができなかったので、生まれ変わったら野球がうまくなりたいという夢を聞かされる。

孝は春から自分が生まれ変わったらどうなりたいかを聞かれる。そして、彼は生前に目つきが悪いことで苦労してきたので、生まれ変わったら目を変えたいと答える。

だが、そこで孝は生前、唯一自分の目が好きだと言ってくれた、仕事先の病院の入院患者の大原芽生(島崎遥香)のことを思い出す。

孝はそんな芽生の病気を治すためにある決意をしたのだが、その矢先に冥界に来てしまったのだった。孝は芽生が今どうしているのかと思っていると、突然彼女が目の前に現れた。果たして二人の運命はどうなるのか?

「三途の川アウトレットパーク」の感想

非常に面白い世界観の作品でした。個人的には今回の中で一番良かったです。

もし自分が死んだら何銭もらえるんだろうかと考えてしまいますが、死後の世界って、お腹も減らなさそうだし病気や怪我もしなさそうだし、基本的にお金は無くても生活できそうですよね。

自分の場合は、転生後のことなんか考えずにのんびり過ごしてしまいそうです。

ラストは転生後の世界になっていましたが、少年は野球選手、メイは主婦、そして木村はカナブンになったのでしょうか?

ドラマを見た後も、色々と想像が楽しめる作品でした。

ちなみに、この作品には動画配信者のもこうさんも出演しており、SNS上でめちゃくちゃ話題となっていました。

世にも奇妙な物語’21夏の特別編「デジャヴ」キャストやあらすじ、感想

「デジャヴ」のキャスト・スタッフ

<キャスト>

  • 南野ひかり(演・上白石萌歌)
  • 南野正隆(演・鶴見辰吾)
  • 進藤亜紀(演・玄理)
  • 南野凛子(演・亜呂奈)

<スタッフ>

  • 脚本:荒木哉仁
  • 演出:城宝秀則
  • 編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
  • プロヂュース:中村亮太、関本純一

「デジャヴ」のあらすじ

南野ひかり(上白石萌歌)は、ある朝目覚めると、スーツ姿の男性と女子高生の仲むつまじい父と娘の姿が見る。だが、二人の姿は見えなくなり、また再び同じ光景が繰り返される。

ひかりは、これは「デジャブ」なのかと思った瞬間、激しい頭痛に襲われ、背後に覆面を被った男の気配を感じる。しかし、彼女があわてて振り返ると、そこには誰もいなかった。

頭が混乱していたひかりだったが、そこでスマホの通知音が鳴り、画面を見たら誕生日おめでとうのメッセージが続々と届いていた、彼女は今日が自分の誕生日であることに気づき、嬉しそうに返信をする。

ひかりがリビングへ降りていくと、父・正隆(鶴見辰吾)、母・凛子(亜呂奈)の姿がある。ひかりは凛子ととりとめのない会話をするが、ここでまた過去にも経験したことがあるような「デジャヴ」を感じる。

朝食後、正隆の部屋の前を通ったひかりは、そこで物音を耳にした。おそるおそる扉を開けると、そこには例の覆面男が部屋を物色している最中だった。男はひかりの存在に気づいてそこでゴルフクラブで襲われそうになるが…彼女が目を開けると、男の姿はそこには無かった。

その日の夜、ひかりは凛子とケーキと豪華な食事を用意して正隆を待っていたが、また正隆の部屋から何やら物音がした、ひかりが正隆の部屋へ行くと、例の覆面男ぎいて再びゴルフクラブで襲われそうになる。

ひかりが目が明けると、彼女は薄暗い部屋のベッドに横たわっていた。そして目の前には正隆がいるが、いつもと様子が違う。正隆は脳科学者で、大学の同僚である進藤亜紀(玄理)と何やら研究をしており、それとひかりのデジャヴに何か関係があるのか?そして、覆面男は一体何者なのか?

※ご存じの方も多いかと思いますが、「デジャヴ」とは、既視感のことで、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる現象のことを言います。

「デジャヴ」の感想

この作品は、主演の上白石萌歌さんの演技が素晴らしく、グイグイと引き込まれました。

キャストやあらすじを見た時点では、鶴見辰吾がクセのあるマッドサイエンティストを演じて全部持っていちゃうのかと思っていましたが、上白石さんが主演としてしっかりと存在感を示していましたね。

作品全体のイメージとしては、『Happy Death Day』や『インセプション』を混ぜたような感じでした。

気になる覆面男の正体については、「ドラマの中で既に出てきた人物だろうな、そして多分、あの人なんだろうな」と思って見ていましたが、珍しく私の予想が的中しました^^

ラストはハッピーエンドで終わると思いきや、「よにきみょ」らしいモヤっとしたすっきりしない最後で良かったです。

世にも奇妙な物語’21夏の特別編 「成る」キャストやあらすじ、感想

「成る」のキャスト・スタッフ

<キャスト>

  • 岩屋賢太郎(演・又吉直樹)
  • 実況(演・浅野和之)
  • 解説(演・工藤美桜)

<スタッフ>

  • 脚本:相馬光
  • 演出:植田泰史
  • 編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
  • プロヂュース:中村亮太、関本純一

「成る」のあらすじ

有名棋士の岩屋賢太郎(又吉直樹)は、”不惑”という名前のAI棋士との対局に臨む。

岩屋が駒を返すと「朮」という文字が、彼はその漢字が読めず、意味もわからない。そして次はAI棋士が駒を返すとそこには「明美」という文字が。

「明美」とは岩屋が週刊誌に写真を撮られた際に一緒にいた女性だ。彼は平静を装うも動揺を隠しきれない。その一件で岩屋は妻と離婚協議中だったのだ。

さらに対局を進めていくと、岩屋にとって中学時代のトラウマになったある言葉が現れる。耐えきれなくなった彼は部屋を出ようとするが扉が開かない。

岩屋が対局に戻ると今度は駒に「5月3日」の文字が浮かびあがった、それは彼にとって忘れることができない母親との出来事があった日だった。

岩屋はその出来事を思い出し奮起し攻めに転じた、果たして彼はAI棋士との対局に勝てるのか?

「成る」の感想

又吉さん、棋士っぽくてハマり役です。そして、AI棋士の「不惑」って、スパコンの「富岳」のパロディなんですね。

実況と解説の皮肉のきいた掛け合いも面白かったです。

ラストはハッピーエンドで終わると思いきや、お好み焼きを裏返した時の文字で、嫁がすべてを悟る展開が良くできていました。

又吉さんが主演だけに、4作品の中では一番コメディっぽかったかな。

ちなみに、私も「朮」って漢字は、はじめて知りました。

まとめ

以上、「世にも奇妙な物語’21夏の特別編 」で放送された『あと15秒で死ぬ』『三途の川アウトレットパーク』『デジャヴ』『成る』の4作品について、あらすじと感想をお伝えしました。

今回は、それまでの「世にも奇妙な物語」の良さもありつつ、新しい試みや斬新な設定もあり、かなり楽しめました。

4作品とも「死」を考えさせられる内容でしたが、人間「死」を考えると、同時に「生」を真剣に考えるものなんですね。

昔の作品と比べると、バッドエンドとか胸糞悪い系の理不尽な終わり方の作品は減ったかもしれないですが、作品の構成としては今の方がクオリティが高いと言えるのかもしれません。

いずれにせよ「よにきみょ」ファンは必見の4作品です。

※世にも奇妙な物語’21夏の特別編の放送を見逃してしまった方には、見逃し配信があります!FODプレミアムで無料視聴できますよ。(2021年6月時点の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。)

FODプレミアムなら、世にも奇妙な物語’21夏の特別編を何度でも視聴可能。通常は月額976円ですが、今なら2週間無料トライアルキャンペーン実施中なので無料で楽しむことができます。

詳しくは以下の記事で解説していますのでご覧ください↓

⇒世にも奇妙な物語’21夏の特別編の動画を無料で視聴する方法はコチラをクリック