テセウスの船 ドラマ 感想&考察!最終回 30年後のみきおの謎

以下の記事では、TBSで放送されたテレビドラマ『テセウスの船』のディレクターズカット版の第9話の感想と考察をお伝えしました。

テセウスの船 ドラマ 感想&考察!9話 校長は心の秘密を知っていた?

第9話では、文吾や佐野一家に次から次へと災難がふりかかり、最後は文吾が連続殺人犯として再び逮捕されてしまい最悪の状況になります。

そして、いよいよ最終回、物語のクライマックスとなります。

ということで、今回の記事では「テセウスの船」ディレクターズカット版の最終回の感想&考察をお伝えしていきたいと思います。

なお、ネタバレもありますので、まだテセウスの船のディレクターズカット版をご覧になっていない方は、必ず先にドラマを視聴しておくことをおすすめします。以下の記事でお話している方法なら無料で全話視聴できますのでご参照ください。

テセウスの船 ドラマ感想&考察!最終回  30年後のみきおの謎

それでは早速ですが、「テセウスの船」ディレクターズカット版の最終回の感想&考察をお話していきます。

獄中の文吾に本の差し入れをしたのは誰なのか?

過去の世界で、文吾は連続殺人犯として逮捕されますが、その際に何者かによって本が差し入れされます。そして、その本には、自白をしないと家族に危険が及ぶようなことがしるしてありました。

この本を指し入れしたのは、犯人のみきおや正志ではなく、おそらく馬淵だと推測されます。

馬淵は、警察の威信を保つため、そして過去の因縁がある文吾に仕返しするために、文吾を犯人に仕立て上げるために躍起になっていました。

森刑事にも「犯人なんて誰でもいい」と言い放っていましたからね。

ということで、この本を差し入れしたのは馬淵で間違いないでしょう。

鈴を喜ばせるために、自らの一連の犯行を自供するみきお

みきおは当初、鈴にとって一番の存在になるための、彼女のヒーローである文吾を消すことを考えていました。

ですが、鈴を喜ばせるためには、文吾の無実を証明した方が良いと考えを変えました。

つまり、みきおの行動の根底には、常に鈴への想いがあったわけです。

そして、みきおは一連の事件を犯行を話したボイスレコーダーを心に渡し、青酸カリを服毒します。(ただし、自殺は失敗)このボイスレコーダーが決定的証拠となり、文吾の釈放につながります。

ここまで好き放題やってきたみきおでしたが、彼の言う通り「もう疲れたよ」というのも本音だったのでしょうね。

彼は10歳の少年ということで刑罰は無いので、どこかの更生施設にでも入れられたのでしょうか。

タイムスリップした心は息をひきとり、この世からいなくなる

過去へ2回目のタイムスリップをしていた心は、文吾と正志の揉み合いの中に割って入った時に腹部をナイフで刺されてしまいます。そして、心は文吾に抱かれながら息を引き取ります。

ここでタイムスリップ能力のある方の心は、この世から完全にいなくなってしまったのでした。

正志は殺人および殺人教唆などの罪で、おそらく死刑囚になったと思われます。

30年後のみきおは鈴とは接触していない?

文吾が無実となる場合の30年後の世界では、みきおはさつきと一緒にカフェを営み、幸せそうに暮らしていました。

さみきおがつきのことを大事に思っているのは伝わってきましたが、あれだけ好きだった鈴のことはどう思っているのでしょうか?

おそらく、この世界のみきおは、大人になってからは鈴と接触してなさそうです。

ひょっとしたら、「彼女の幸せのために、殺人をおかした自分は近寄らないほうがいい」と考えて、30年前の事件後は一切鈴とは会っていないのかもしれません。

でも、あのみきおがいつまでもおとなしくしているとも思えません。

爽やかな笑顔を見せていたみきおですが、彼が心の奥底で何を考えているのかは謎です。

佐野家の中では文吾だけが真実を知っている

最終回のラストシーンでは、佐野家の家族(文吾、和子、鈴、慎吾、心、由紀)がカニ料理屋に集まります。

そして、その席で心は皆に、由紀のお腹に新しい生命が宿っていることを報告します。

この時、文吾は心の子供の名を「未来」と命名し、心は自分が考えていた名前と全く同じであることに驚きます。これには、皆が驚いていた様子です。

さらに、文吾は「心と由紀の名が刻まれた指輪」を忍ばせていました。

このことから、タイムカプセルの心の封筒の中身を見たのは、文吾だけのようです。

また、この席にいる心は、タイムスリップした心ではないことがわかります。

そして、おそらくこの席にいる心は、家族の危機でもない限り、今後もタイムスリップすることも無さそうですね。

つまり、現代の佐野家の中で、一連の真実を知っているのは文吾だけということになります。

和子、鈴、慎吾は、30年前に出会った「心さん」の存在は、ほとんど忘れてしまっているのかもしれません。

そう考えると、ちょっと切ないですね。

まとめ

以上、今回は「テセウスの船」ディレクターズカット版の最終回の感想&考察をお伝えしました。

とりあえず物語はハッピーエンドで終わりましたが、やはり気になるのがみきおです。

あのみきおがこのまま大人しく生涯を終えるとは思えませんよね?

主演の竹内涼真さんが話していましたが、「テセウスの船 パート2」の可能性もあるのではないでしょうか?

面白い作品なので、ぜひ次回作期待したいですよね!

※『テセウスの船』の動画を見たい方は、Paravi(パラビ)で全話無料視聴できますよ。(2021年6月1日時点の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。)

Paravi(パラビ)なら、テセウスの船を第1話から何度でも視聴可能ですし、地上波未公開シーン満載のディレクターズカット版も視聴できます。通常は月額1017円ですが、今なら2週間無料お試しキャンペーン実施中なので無料で楽しむことができます。

詳しくは以下の記事で解説していますのでご覧ください↓

テセウスの船ドラマ見逃し配信!動画を全話無料視聴できるのはどこ?