コントが始まる 春斗の兄役の毎熊克哉のプロフィールや世間の反応

2021年4月17日から放送されているテレビドラマ『コントが始まる』、その出演者の中で脇役ながら注目を集めているのが、春斗の兄である高岩俊春役をつとめる毎熊克哉さんです。

春斗の兄・俊春は、学生時代は勉強も運動もトップクラスで非の打ちどころがなく、外資系の証券会社に就職して、結婚して子宝にも恵まれ20代のうちに家を建てるなど順風満帆の人生を送っていました。

ですが、2年前に「興神水」というマルチ商法にはまって妻と離婚、会社もクビになって友人も失い、実家の自室に引きこもるようになってしまいます。

自室からほとんど出ない生活を送っていた俊春でしたが、弟・春斗のマクベスが解散することになったことを機に、長男としての責任を痛感するようになり、じょじょに外出するようになり、友人のツテで小さな印刷会社に就職します。

そんな、春斗の兄・俊春を演じる毎熊克哉さんについて、どんな人物なのか、世間の反応はどうなのか、気になりますよね?

そこで今回の記事では、コントが始まる 高岩俊春役の毎熊克哉さんのプロフィールや、毎熊さんに対する世間の反応についてお伝えしていきます。

コントが始まる 高岩俊春役の毎熊克哉のプロフィール

それではまず、毎熊克哉さんのプロフィールを見てみましょう。

毎熊克哉のプロフィール
  • 名前:毎熊克哉(まいくま かつや)
  • 生年月日:1987年3月28日
  • 出身地:日本 広島県福山市
  • 身長:180cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優
  • 所属事務所:アルファエージェンシー

    毎熊さんは、1987年3月28日生まれの広島県出身で、高校卒業後に映画監督を目指して専門学校へ進学しますが、専門学校卒業後には俳優業に興味を持ち、俳優に転身します。

    2010年の舞台『TIC-TAC』で初舞台にして初主演を務め、その後、テレビドラマ『京都人の密かな愉しみ Blue 修業中』『まんぷく』『少年寅次郎』、映画『ケンとカズ』『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』などに出演。

    特に映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』では、SMのご主人様として濡れ場も熱演して、強烈なインパクトを残していました。

    舞台、ドラマ、映画と、多数の作品で幅広い役柄を演じており、確かな演技力とかつての日活俳優のような硬派な佇まいで注目されている俳優さんです。

    最近では、NHKドラマ『半径5メートル』にも出演していますが、そこで毎熊さん知ったという方も多いのではないでしょうか?

    そして、本作品『コントが始まる』においては、毎熊さん演じる俊春はメインキャストではないので出番は多くありませんが、新たな道を歩もうとしている主人公・春斗にとって、大きな気づきを与えた人物と言えます。

    コントが始まる 高岩俊春役の毎熊克哉に対する世間の反応

    コントが始まるで高岩俊春を演じる毎熊克哉さんに対する世間の反応を、以下にまとめてみました。

    「京都人の毎熊さんが最高だと思ってるけど、このドラマの毎熊さんも良い!こういう毎熊さんが見たかった!半径5メートルもいいけど、わたしは断然こっち!」

    「コントが始まるを見てるけどまた今週も名言あったんだねぇ!涙の出ている笑顔「自分を満足させる事が出来ないのなら、周りの大切な人を満足させてみようって切り替えた」byハルト(菅田くん)の兄(毎熊さん)誰脚本書いた方!毎週毎週エモいわ!号泣!」

    「コントが始まる#9で良かったのが、毎熊克哉演じる元引きこもり兄「人生、休むのもあながち悪いことばっかじゃないぞ」 ってセリフ。」

    「毎熊さん。かっこいいなぁ。自分のためにじゃ限界があって、誰かのために仕事をすることで満足する自分に近づくんじゃないか・・・そういう考えも素敵だよね。潤平も過去と向き合って結婚に一歩進み。来週最終回かぁ春斗はどんな道を選ぶのかな」

    「『コントが始まる』と『半径5メートル』を見ていると毎熊克也が菅田将暉の兄であり芳根京子の恋人であるのだが、芳根京子の恋人は仲野太賀でもあるわけで、勘弁してほしい。」

    「コントが始まるのあとに半径5メートルを見ると、芳根ちゃんと毎熊さんの役柄を思い出すまで一瞬 戸惑う…」

    やはり、第9話での喫茶店で春斗と会話した時の、俊春のセリフが心に響いたという意見が多かったですね。

    その一方で、毎熊さんはNHKドラマ『半径5メートル』で芳根京子さんと恋人役で出演しているので、『コントが始まる』を見ると違う役柄で一瞬頭が混乱してしまうという意見も結構ありました(笑)

    俊春の「周りの大切な人を満足させてみよう」という考え方は、マネージャーという仕事に自分の生き甲斐を見出そうとするつむぎと、少し共通している部分があるのかなあと感じました。

    また、俊春は「人にどう思われるかではなく、自分が本当に何をやりたいのか」という生き方に完全にシフトしたということかもしれません。

    引きこもっていたとはいえ、彼は自分自身と徹底的に向き合って対話していたんだと思います。

    まだ具体的な道が決まっていない春斗にとっても、俊春の言葉は大きなヒントになったのではないないでしょうか。

    まとめ

    以上、今回の記事では、『コントが始まる』で高岩俊春役の毎熊克哉さんのプロフィールや、毎熊さんに対する世間の反応についてお伝えしました。

    兄・俊春の言葉を受けて、何か気づきを得た春斗のようですが、彼は今後どのような道に進むのでしょうか?

    いよいよ『コントが始まる』は次回で最終回です!ぜひ新たな道を進む彼らの姿を見届けましょう!

    ※コントが始まるの放送を見逃してしまった方には、見逃し配信があります!Hulu(フールー)で無料視聴できますよ。(2021年6月1日時点の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。)

    Hulu(フールー)なら、『コントが始まる』を第1話から何度でも視聴可能。さらにはHuluでしか見られない、マクベスの3人が視聴者の質問に答えてフリートークを繰り広げる特別企画映像『マクベスの23時』も視聴できます!

    通常は月額1026円ですが、今なら2週間無料お試しキャンペーン実施中なので無料で楽しむことができますよ。

    詳しくは以下の記事で解説していますのでご覧ください↓

    コントが始まる見逃し配信!第1話から無料視聴する方法とは!?