ドラゴン桜2 早瀬菜緒役の南沙良に対する世間の反応【イマドキ女子】

2021年4月25日から放送されているテレビドラマ『ドラゴン桜2』、その出演者の中でも明るく華をそえる存在なのが、テンション高めのイマドキ女子高生・早瀬菜緒役をつとめる南沙良さんです。

早瀬菜緒は、家族との仲が良く何不自由なく育ちましたが、飽きっぽい性格で今まで何か頑張った経験がない子です。

バドミントンに打ち込む楓から刺激を受けて、自分も何か頑張ろうと思い東大専科に入りますが、初日に大学入学共通テストを受けさせられて音をあげて辞退したり、その後も幾度となく諦めかけることを繰り返していました。

第4話では、親に東大受験しようとしている事がバレて東大受験を諦めかけますが、桜木の「東大受験の成功には親との信頼関係が必要」という言葉で親が諭された事で、改めて勉強に集中するようになります。

そんな、飽きっぽい性格でイマドキの女子高生である早瀬菜緒を演じる南沙良さん、どんな人物なのか気になりますよね?

そこで今回の記事では、ドラゴン桜2 早瀬菜緒役の南沙良さんのプロフィールや、早瀬菜緒を演じる南さんに対する世間の反応についてお伝えしていきます。

ドラゴン桜2 早瀬菜緒役の南沙良のプロフィール

それではまず、南沙良さんのプロフィールを見てみましょう。

南沙良のプロフィール
  • 名前:南沙良(みなみ さら)
  • 生年月日:2002年6月11日
  • 出身地:日本 東京都
  • 身長:160.9cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優・モデル
  • 所属事務所:レプロエンターテインメント

    南さんは、2002年6月11日生まれの東京都出身で、東大専科の生徒役のキャストの中では最年少になります。確かに、東大専科の中では妹っぽい存在ですよね。

    南さんは憧れの女優として、同じ事務所の先輩である新垣結衣さん(現在は退所してフリー)を挙げており、ちなみに誕生日も同じ6月11日だそうです。

    新垣さんは2005年版のドラゴン桜に出演していますので、南さんにとってドラゴン桜2への出演は感慨深いものがあるでしょうね。

    南さんは、2014年に第18回nicolaモデルオーディションでグランプリを受賞してnicola専属モデルとなった後、2017年に映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビューをします。

    そして、2018年には映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で映画初主演を果たし、吃音症をかかえる女子高生役を演じます。

    この役での演技が評価され、報知映画賞新人賞、高崎映画祭最優秀新人女優賞、ブルーリボン賞新人賞、日本映画批評家大賞新人女優賞と、新人賞を総なめにしました。

    本作・ドラゴン桜2の出演が決まった時には、南さんは心の中でガッツポーズをしたそうですが、実は早瀬菜緒は普段の彼女とは正反対のキャラクターなんだそうです。

    南さんいわく。それまでは「自分に近い、抱えている、明るすぎない役が多かった」そうで、どうやってテンションを上げて、イマドキの普通の女子高生を演じたら良いのか、試行錯誤したそうです。

    ドラゴン桜2の早瀬菜緒を見ていると、イマドキの女子高生がそのまんまイマドキの女子高生を演じているだけのようにも見えてしまいますが、実は南さん自身は趣味がゲームや仏像鑑賞だったりと、おとなしい性格みたいですね。

    それだけ正反対のキャラクターを見事に演じきっているわけですから、大した演技力です。

    早瀬菜緒の役柄がちょっとおバカキャラなので惑わされてしまいますが、実は南さん自身は渋い趣味を持つ演技派女優さんなんですね。

    ちなみに、主演の阿部寛さんも仏像鑑賞が趣味とのことで、現場では二人で仏像談義で盛り上がることもあるそうですよ。

    ドラゴン桜2 早瀬菜緒役の南沙良に対する世間の反応

    ドラゴン桜2で早瀬菜緒を演じる南さんに対する世間の反応を、以下にまとめてみました。

    「彼女はめちゃくちゃ可愛いく見える時とそうでもない時がありますね。演技もまだムラがあります。でも、これから場数を踏めば安定して活躍する女優さんになるでしょう。」

    「凄い魅力的な女優さんなので、主演映画をDTVで見ました。志乃ちゃんは自分の名前が言えない。数年前だし今よりもふくよかな感じで同一人物に見えませんでした。今はめちゃめちゃ可愛いけど。女性って結構変わるんですね。」

    「この子は応援したいけど、事務所が無理矢理ガッキー2世にさせないでほしい。」

    「めちゃくちゃ可愛い!話が進むごとにだんだん好きになってきました。」

    この娘、同年代では浜辺美波と良い勝負になると思う。

    「確かに可愛いけど、演技は棒。正直、この人に役者は向いてない。」

    南さんの演技力を評価する意見もある一方で、「演技は棒、役者に向いていない」といった、辛辣な意見もありました。

    どうしても、早瀬菜緒という役柄のせいで、彼女に演技力にないとジャッジしてしまう人がいるような感じがします。

    やはり、原健太役の細田佳央太さんや、藤井遼役の鈴鹿央士のような難しい役柄の方が、評価されやすいのでしょうか。(もちろん、この二人の存在感や演技力はハンパないですけどね。)

    ですが、本来の南さんと正反対のキャラクターの早瀬菜緒を違和感ゼロで演じ切っているわけですから、私は間違いなく演技力があると感じます。

    彼女が新人賞を総なめにした映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』では、吃音症をかかえる女子高生役で、鼻水を垂らしながら号泣したり、早瀬菜緒とは全く違う役柄を演じていますからね。

    話が進んでいくうちに、早瀬菜緒にスポットが当たる回が来るでしょうから、その時に彼女の演技力に皆驚かされるのではないでしょうか?

    あと、「ガッキー2世」ってキャッチフレーズは、言いたくなる気持ちもわかりますが、南さんのためにも、新垣さんのためにも、あまり使わないほうが良さそうですよね。

    ドラゴン桜2が最終回を迎えた頃には、そのキャッチフレーズが不要になっているぐらい、女優としての南沙良さんが確立されているのではないしょうか。

    まとめ

    以上、今回の記事では、ドラゴン桜2 早瀬菜緒役の南沙良さんのプロフィールや、早瀬菜緒を演じる南さんに対する世間の反応についてお伝えしました。

    第7話では東大模試が行われ、南沙良さん演じる早瀬菜緒にスポットが当たりそうです。

    そこで彼女の新しい一面が見られのではないでしょうか?

    今後もドラゴン桜2が見逃せませんね!

    ※ドラゴン桜2の放送を見逃してしまった方には、見逃し配信があります!Paravi(パラビ)で無料視聴できますよ。(2021年6月4日時点の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。)

    Paravi(パラビ)なら、ドラゴン桜2を第1話から何度でも視聴可能。通常は月額1017円ですが、今なら2週間無料お試しキャンペーン実施中なので無料で楽しむことができます。

    詳しくは以下の記事で解説していますのでご覧ください↓

    ドラゴン桜2見逃し配信!第1話から無料視聴できるのはどこ?