ストーリー

ミュージシャンを目指し上京した主人公、真山(28)。
夢を叶えるために地道な音楽活動を続ける真山に、勘当同然であった父親から突然、連絡が入る。10年ぶりに帰郷する真山。
ギターを抱え、複雑な想いを胸に帰郷する真山。
相変わらず陽気で元気な母、高校生になった妹、工場を営み厳格さの影を潜めた父、
そして小学校の音楽教師となっていたヒロイン、唯香(28)。
演奏を喜んで聞いてくれる地元民たちに対し、そこにある暖かな眼差しに心が惹かれていく真山。
生まれ育った街の景色を背景に、自分を支えていてくれた人々と、10年の時を経て、向き合う。