一般試写会の声

今回、この映画を知ったのが遅くて、地元・愛知県での上映は終了していました。
なので、この映画を見るためだけに大阪まで行ってきました。

最近の音楽映画は、恋愛が主だったりするのですが、この映画は 家族や 友情など いろんな場面で愛が溢れていました。

back numberさんの曲を、桐山漣さんが歌っているシーンでは、私は back numberさんの歌ということを忘れて聴き入っていました。
そのときの真山の心情、状況にぴったりとはまっていて、胸がジーンと熱くなりました。

大阪まで見に来て良かったですし、久しぶりに素敵な映画に出会えたと思っています。
また遠出してでも観たいと思いました。
DVDとして販売していただけたら嬉しいです。

21才・女性

先日神奈川県から千葉まで観にいきました。
とても温かく心がほんわかしました。
感動して泣きました。
実際にある現状ですよね。
その当たり前のことがこのよーな作品で改めて観ると親の気持ち。子どもの気持ち。友人。
反対しながらも心ではやはり応援してるんですよね。

夢を叶えるために東京へ。。
どーなるか分からなくともかなえさせてあげたい親。叶えたい息子。

イザ何かあればあーやって戻っきて親孝行すればよいと思わせるところ。

佐々部監督の作品は優しい気持ちになります。

ありがとうございました。素晴らしい作品を。。

49才・女性

邦画らしさが出ていてスゴく好き。
どデカイ事件などは全くなく淡々と物語は進んでいきます。
ただそこには「時間」、「時の流れ」が丁寧に描かれているのです。
故郷に帰らず10年も経ったにも関わらず変わっていない関係を友人とのやり取りなどで感じさせつつも、
物語が進んでいくにつれて出てくる10年という歳月の重さ、変化、迷い。
桐山漣の気まずそうな演技がとてもリアルだった。

家族の絆、そして同級生との恋模様も見所。
家族の絆の描き方は、「ガッツリ描き込まれている」、というよりも
空気感というか関係がとても理想的と思える見せ方。
理想の母、理想の父、理想の妹であって凄く心温まる。最後までハートフルな作品。
こうやって人は成長していくんだ。

遠くでずっと気にかけてくれていた(自分も)女性との物語は幼い頃のピュアさや青春を思い出させてくれる。
そして主人公にとって大切なことを気づかせて支えてくれる見事なキーパーソンである。

升毅さん宮崎美子さんはもちろん、出演するキャストの方々の演技が本当に素晴らしい。
この町が実際にあって、そんなこの町でみんなが実際に生きていると錯覚するほど。

さて、そんでもって最大の見所は桐山漣の歌唱シーン。
歌(曲)は主人公の役柄でもわかる通りこの映画のメインテーマでありキーポイントであるため要所要所に
桐山漣の歌とギターのシーンが出てくるのだが、それがクライマックスへの壮大な「フリ」になっている。
あの歌の存在、あそこであの人と歌ったのも、あそこであの人に歌わなかったのも全てに意味があるのだ。
back numberの名曲「電車の窓から」のシンクロ具合が、より一層この作品を盛り上げ、
桐山漣の歌唱力と迫力も含めクライマックスには思わず涙した。

久しぶりに良い邦画を観ました。

「群青色の、とおり道」、とても素敵な映画でした!
私は近くにやっている映画館がなかったので少し遠出して見に行きましたが、どんなに遠くても見てよかったと心から言えると思います。むしろ見ないと損な気がします。
この映画の影響でbacknumberさんの「電車の窓から」にハマってしまいました!!
漣くんの「電車の窓から」もCD化してほしいくらい素敵でした
もう1回見に行きたいです!!!

15才・女性

前から楽しみにしていました。人と人の繋がりの様子で、じんわりと心が温かくなり何回も観た
くなりました。
桐山さんの歌も聴いていて、とっても良かったです。
10年という月日が自分にとってもどうたったか、考えさせられました。
風景やお祭りのシーンから、太田市へ行ってみたいです。

私には地元と呼べる、自分を受けいれてくれるふるさとがありません。
だからこそ、この映画は何か心に響くものがありました。
誰かが自分を思ってくれていて、自分を気にかけてくれている。それがどれだけ素晴らしいことか。特別なものではなく、その時は気付かなくても、振り返った時にようやく気付けるもの。それが家族や友人の温かさだと思いました。
幸せな人生ってこういう事じゃないかなと思います。特別大きなことをするわけでもなく、ただ自分の夢を叶えようと奮闘して、でも、上手く行かなくて。そんなときに帰っておいでっていう家族や友人の言葉を聞いて。当たり前だと思ってたことが全部奇跡に思える。
私はこの映画を見て、ただ真っ直ぐ訴えかけてくる歌を聞いて、そう感じました。
私はまだ高校生です。まだ十年ちょっとしか人生というものを経験してません。けれどいつか自分の人生を振り返るとき、「自分の求めていた幸せの定義はこの映画が教えてくれた。」そう思えるのではないかなと思いました。
素敵な映画を本当にありがとうございました!!

真っ直ぐ、直球で響く漣さんの歌声、心が温かくなって涙が止まらなくなるあの歌声を音源化してもらえないでしょうか。もちろん、私の個人的なお願いなのですが、劇中歌がどれも素晴らしくて、何度も聞きたくなってしまったので。
よろしくお願いします。

7月21日渋谷のユーロスペースにて鑑賞させて頂きました。

地元太田を離れ上京し二十数年。高校を卒業しそれ以来家の事は妹に任せきりでまともに連絡もせず主人公と同じような境遇で鑑賞させていただきました。

金山や大光院など懐かしい自然の風景に懐かしさを感じました。

またこの映画を通じ家族の愛を強く感じることができました。

しばらく地元に戻っていませんが5年前がんを患い克服した父も健在ですので時間が出来たら是非帰省しようと思います。

何にもないと思っていた地元ですがそこには大きな家族の愛そして友情があるようにこの映画を通じて感じました。

40才・男性

作品を観て一週間が過ぎましたが、その感動は 覚めることがありませんでした。

この物語には、驚くような出来事や格段のドラマチックな展開があるわけではありません。
なのに、こんなにも心打たれ、涙が止まらないのはなぜなのでしょう。

人と人とのつながり…人生って素晴らしい。
幸せな思いになれる…心を温めてくれる映画です。

地元の方々の作品愛も大いに感じます。
祭りのシーンが印象的です。
臨場感、迫力が見事でした。

故郷を舞台にこんなステキな作品が生まれたのは羨ましいですね。

脚本も 演出も 音楽も 映像も 演者さんの技も 素晴らしく、そのハーモニーが素晴らしいです。

桐山さん演じる主人公…真山佳幸という人物が実在であるかのように、演者が本人なのではないかと錯覚しました。さりげなくもよく考えて演じられていたと思います。
上京して10年経っても尚、いい意味で垢抜け切らない、都会に擦れていない主人公の様子がよく表れていました。繊細でありつつ、静かに燃える心の中のスピリッツも感じました。

杉野さんの唯香も心に残りました。
佳幸と唯香のシーンの数々…いずれもいいですね。
唯香のコトバ…とても説得力があって何度もうなずきました。

宮崎さん演じるお母さんは、本当に実在という気がしました。
親子の会話が特に好きです。
旦那さんや子供達をもり立てる縁の下ながら、真山家はお母さんのおおらかさで もっている気
がしました。

安田さんの幸恵も素晴らしい。
ピュアさがよく伝わってきてきます。
主人公に対しての思いの変容が、他の登場人物に比べて幸恵は振り幅が大きいという点で、物語の中でキーパーソンになっていると思いますが、幸恵の姿がイキイキとリアルに描かれることにより、それ自体がストーリーになっているし、流れにメリハリが生まれて面白くなっていると思います。

そして、升さん演じる一家の大黒柱の真山年男さん。
モデルがいたのかなという感覚になりました。
お父さんの立ち居振る舞い…ギャップもあり、リアリティに富んでいて 説得力がありました。

その他、まるこおばあちゃん、唯香のお父さん、友人の皆さんなどなど、本当に皆さん、いい味を出しておられました。

個人的には、食べ物がまつわるシーンのそれぞれが好きです。イキイキと、そして意義深く描かれていたと思います。

そして、何と言っても音楽がいいですね。
主人公の熱唱シーンは、歌唱力、エネルギーに溢れ、思いの深さがヒシヒシと伝わってきて圧巻です。
でも、それだけではない…色々な登場人物が歌うシーンの一つ一つが珠玉だと思います。

映画を二度観ましたが、今後も出来る限り観たいなと思っています。

決して押し付けではない、けれどそこから発せられる普遍的なメッセージは、これからも多くの方の心を 揺さぶることでしょう。

43才・女性

自分の夢を反対されて、家族がバラバラになってしまったり、うまくいかない事があるということにすごく共感しました。でも、家族はとても大切な存在だと、いつか感じる時がきっとある、という所まで私と重なる所がありました。家族のつながりをとても感じられるステキな映画でとても感動しました。
(2015・5・26 完成披露試写会)

15才・女性

私も親には学生の頃、迷惑ばかりかけていました。映画を見て思い出しました。次回は母と一緒に観て、親孝行したいと思います。
(2015・5・26 完成披露試写会)

30才・女性

家族が温かく、迷惑をかけたり気持ちを考えずに好き勝手やっている自分に、好きなことをやりなさいと言ってくれる親の優しさ、愛情を感じる瞬間は、私にもあったことなのですごく共感しました。
(2015・5・26 完成披露試写会)

21才・女性

とても懐かしくて、親に感謝の気持ちを伝えたい、という気持ちになりました。自分の故郷がこんなにも感動的な作品として発表されたことをうれしく思います。
(2015・5・26 完成披露試写会)

54才・男性

母校へどれくらい行ってないだろう?あの景色をどれくらい見てないだろう?同級生とどれくらい会ってないだろう?と思いながら観ました。金山、ねぷた懐かしかったです。故郷の映画ありがとうございました。
(2015・5・26 完成披露試写会)

32才・女性

家族っていいなあと思いました。ぜひ息子、娘と一緒に見たいです。
(2015・5・26 完成披露試写会)

56才・女性

1・2度目は、子供達と観て、本当に何度も観たくなる映画だと実感しました。

3度目は、近々同窓会があるのですが、その幹事をする私を含め、友人6人で観てきました。
その中で一人「私、途中で寝ちゃうかも」と言った友達がいたのですが、館内が明るくなってびっくり。
その彼女が一番号泣してました。
最後には「こんなにいい映画に誘ってくれてありがとう。漣くんのファンになっちゃった。
寝ちゃうかもなんて言ってごめんなさい。」と言ってもらえました。
同じように他の友達にも、映画に誘った事を私は感謝されました。

4度目は主人と二人で行きました。二人で映画なんて何年ぶりでしょう。主人にどう思われるかは不安だったのですが、帰りに「もう一度観たくなる映画だね」と言ってくれて、私は主人に気兼ねなく、その後3度も映画を観ることが出来ました。

5度目は長い付き合いの仲良しママ友と4人で行きました。
その晩の食事会では映画の話になり、どうしてよくある話なのにあんなに感動するのかと、私は訪ねられたのですが、
それは私が一番訊きたいです。

6度目は母と行きました。
脳梗塞を患っているので少し足が不自由です。
母は映画を観るのは54年ぶりだそうです。
杖をつき一段一段頑張って登って、真ん中くらいで観ることができました。
始まる前のスクリーンを観て、「やっぱり大きい画面はいいねぇ」と言ってました。
映画は途中からずっと泣きっぱなしで終わってもなかなか立てず、「いい映画だったねぇ」を繰り返していました。
帰り道、パンフレットにあった撮影現場に車で一回り行きました。
私は少し早い母の日を迎えた気持ちになりました。

7度目は会社の同僚と行きました。事情があって最近やむなく退社した同僚です。
彼女はこの映画で勇気をもらったそうです。
今後なかなか会えない彼女に、ひとついい事をした気分になれました。

群青色の、とおり道。
この映画だからこそできた私の7回のエピソードです。

老若男女問わず感動できる映画だからこそです。

私の安っぽい感想より、私の体験した事実が、この映画の全てを語っていると思い、投稿させていただきました。

今日はいつもお世話になっている叔母と、8度目の映画鑑賞に行きます。
30年ぶりくらいに二人だけで出かけます。
私にはまた、素敵なエピソードが増えるでしょう。

私にとってこの映画は、いつまでも掛け替えのない宝物です。

こんなにも素敵な映画を本当にありがとうございました。
(2015・5・11)

46才・女性

僭越ながら、「群青色の、とおり道」の感想を投稿させていただきます。

私は、太田市の出身ではありませんが、この映画に出会えてとても幸せです。

昨晩レイトショーを観終わった後、様々な想いが頭の中を巡り、暫く眠れませんでした。
朝目覚めると、自然と涙が流れて来ました。

祭に戻って来た真山の姿、やっと完成された曲をステージで歌う姿を思い出し、涙が止まりませ
んでした。

真山の10年間は決して無駄ではなかった。
この10年が、真山をこれだけ優しい人にしたのだから。

家族、故郷、友人、恋愛、仕事、人生で大切な事が全て詰まったこの映画は後世に繋いで行きた
い、自分にとって、とても大切な映画です。

転勤し3年間、群馬で仕事をした事で太田に行く機会も多く、太田の方にはとてもお世話になり
ました。
また新たな地でのスタートとなりますが、群馬での最後、「群青色の、とおり道」に出会えて、
本当に嬉しかった。
(2015・4・18)

32才・男性

2月の試写会でも見ましたが、今月1日に今度は映画館(イオンモール太田)で見てきました!
2回目なのに同じようなところで泣きました。今回はちゃんとハンカチを用意していたのに、アイラインを引いたことに後悔しました。笑
今回も市長さんが出てらしたシーンでは、お客さんから笑いが起き、愛されているんだなと改めて思いました。
昔我が家にもぜんまい式の時計があって、映画を見るとすでに他界した祖父が毎日巻いていたのを思い出し、泣けてしまいます。偶然だとは思うのですが、今back numberとトニックがコラボキャンペーンが始まっているので、劇中で出て来るトニックという単語にニヤッとしてしまいました。後でパンフレットを読んだら、監督さんのアドリブだったようで、さすがだなと思いました。パンフレット、本当に良かったです!二ノ宮先生の漫画も、kindleでは読んでいたのですが、やっぱり紙で読むのがいいですね!友達も言っていましたが、最後の見開きのシーンが、映画とリンクして泣きそうになります。
今回は時間なかったのでイオンシネマにしか行けなかったのですが、ロケ地周りをしにまた来たいなと思ってます。特に金山が気になってます。

駅からタクシーで向かったのですが、運転手さんが知らないようだったので、フライヤーを渡して宣伝してきました!もっと地元の方にも見てもらいたいですね。
太田イオンシネマには、フライヤーがなくなっていたのが残念でしたが、その後HMVに行ったら置いてあったのでよかったです。
(2015・4・9)

25才・女性

将棋のシーンわなんか心に来ました!!
無駄に自分の親とかと重ねてみたりして映画に入り込んでしまう感じでした!!!
自分の兄もエキストラでてそれもあってパンフレット買ってみたらエピソード0があってそれも
それで面白かったですw
(2015・4・7)

4月5日(日)に家族を誘って、イオンシネマ太田に見に行きました。
私自身は前橋在住なのですが、太田まで行ったことで映画館内の観客は太田の方が多く、
場面によって他の観客のざわめきや笑い声などが聞こえ、「地元感」を感じる事ができました。

とても素晴らしい映画で涙がこぼれました。
心に温かく、誰もが前向きになれるストーリーだと思います。

特に音楽がすばらしい。
back numberさんの曲だということはわかっていますが、是非、桐山漣さんでCDを販売していた
だきたいです。
もしくは真山佳幸さんの名前で、他の曲も歌っていただけると、さらに素晴らしい!

小学生の息子に「仮面ライダーWの人が出るから」と言って、一緒に行ったのですが、
息子も歌がとても気に入ったようで、
「さすが、仮面ライダーの人は、歌もうまいんだね」と大満足でした。

もう一度観に行きたくなる、ステキな映画です。
ありがとうございました。
(2015・4・6)

37才・女性

エアリスホールの試写会と28日初日にMOVIX伊勢崎で観ました。
自分も色々な思いを胸に群馬に出てきた身なので、『電車の窓から』が流れた時点で2回とも自
然に涙がこぼれ落ちました。
太田市合併10周年を記念し市民の為に後世に残る記念映画を作りたかった清水市長の思い、いち
早くそれに応え佐々部監督に思いを伝えた尾島出身橋本プロデューサーの思い、2人の思いに応
えて下さった佐々部監督、俳優の皆様の思い、ピュアな思いが集結して完成した作品です。
心に響かない筈がない また観に行きます。
(2015・4・2)

群馬県太田市の合併10周年を記念して作成した作品としては、かなりれべるの高い作品だった
と思いました。夢見て東京に出た男性だったら主人公の気持ちで鑑賞できるので、そういう人に
は特にオススメしたいです。
また、焼き饅頭や太田焼きそばなど群馬県の名物がたくさん出てくるので、全国の群馬県出身者にも観ていただきたいです。地元太田市の魅力は勿論、親の、田舎の暖かさが心にしみわたりました。
終始涙を押さえながらの鑑賞でしたので、もう一度見たい作品です。
エンドロールで太田市長がカメオ出演していたのも驚きました。今年一番良かった作品です。
(2015・4・2)

51才・男性

試写会と公開初日の2度観させて頂きました。今の正直な感想は『もう1度、観たい』。
1度目の試写会の時には気が付かなかった、見えなかったそれぞれの気持ちや景色が、2度目にはもっとはっきり見え涙が自然と溢れました。
果たして3度目にはどんな風に見えるのか、この目でこの心で確かめたいです。
そしてback numberファンの私がどうしても伝えたいこと。
真山が、ヨシくんが、桐山さんで良かった。
(2015・4・1)

34才・女性

映画を観て、早速パンフレットを購入しました。
映画で泣き、二ノ宮さんのエピソード0を読んでまた涙が出てきました。
最後の線路の絵は、漫画なのに「電車の窓から」聞こえて来るのが不思議でした。

普通のことがなぜこんなに感動するのか。
挿入歌に乗せて、忘れていた何かを思い出させてくれる。
だからきっと泣けるのでしょう。

監督や演者さん、スタッフの方々に感謝です。
太田市をこんなに素敵な映画にしてくださり、本当にありがとうございました。
間違いなく、太田市の自慢です。
(2015・4・1)

52才・女性

誰もが大人になる時に経験する、あの独特な胸の痛みや高鳴り、そして、自分が大人になるとゆうことは家族や周囲も変化してゆくとゆうことに気づく青い春。

その誰もが通過する、してきた『とおり道』が描かれていて、自分が今、当たり前とゆう幸せに
包まれていることに改めて気づける素晴らしい映画でした。

私は、初日に、イオンモール太田で拝見しましたが、また何度も見たくなりました。いずれはDV
DやBlu-rayも欲しいです
(2015・3・31)

23才・女性

とっても...愛が溢れた映画でした。
観終わっても...涙がとまりませんでした。

なんでもない、ありきたりな毎日ほど
幸せなことはないんだなぁ。。
...って、あらためて気付かせてくれる素敵な映画です。

家族って、いいなぁ。。
友達って、いいなぁ。。
ひとは、ひとりで生きてるんじゃないんだなぁ。。

いつも、誰かのことを想って...
いつも、誰かに想われてるんだなぁ。。
...って、とっても心があったかくなる映画です。

是非!!
スクリーンで観て...
実感してみてください!!

桐山漣くんの魂のこもった歌声が...
たまらなくいい。。

響きました...心に。。

漣くん!
あなたの...アツい歌声に
感動しました!!

映画なのに...
ライブ感が半端なかったです!!

もう一回観たい。。
いや...何度でも観たい!!

そう、思わせてくれる...
この映画には、不思議な力があると思います。

何度観ても...たぶん、
その時その時で感じられるもの...
得られるものがあるような気がするのです。

こんなに...
作り手の方々の...たくさんの人の熱量と愛情の詰まった映画を観たのは、初めてかもしれません。

なんか...思いが溢れ過ぎて、うまく感想がまとめられませんけど(笑)
とりあえず、言わせてください!

佐々部監督!漣くんっ!
スタッフ、キャストの皆様!

「群青色の、とおり道」
最高でした!!

名古屋から、群馬まで足を運んだ甲斐がありました!

こんな素敵な映画を...
本当にありがとうございました!!

「群青色の、とおり道」
みんなの愛で!
群馬から、全国へ!!
心より応援しております!!
☆~ヽ(≧▽≦)/~☆
(2015・3・31)

41才・女性

実家を離れ一人で暮らし始めて1年経ちましたが、実家を思い出し、地元を思い出し、自分に置
き換えて考えたら涙が止まりませんでした。早く全国上映されることをほんとうに待ってます!
(2015・3・30)

19才・女性

すごくいい映画で感動しました。
群青色のとおり道を作ってくださって
ありがとうございました。
(2015・2・21 試写会)

11才・女の子

主人公は、音楽で成功するのでしょうか?
家をつぐのでしょうか?
それは、みた人が 感じたものが
正解 ということでしょうか。
(2015・2・21 試写会)

42才・女性

焼きまんじゅうが、おいしそうだった。
(2015・2・21 試写会)

12才・男の子

映画を見て「群青色」の意味が分かりました。
人とのつながり、家族ってとても良いなと思いました。
何年たっても人とのつながりは絶えない。
(2015・2・21 試写会)

40才・女性

感動の一言です
涙 涙 涙でした
ありがとうございました
(2015・2・21 試写会)

80才・女性

何度も観たい映画です
(2015・2・21 試写会)

33才・男性

青春は2度とありません
青春時代は失敗することなど恐れず
進むことの大切さを教えてくれたと思う
(2015・2・21 試写会)

71才・男性

もう涙が止まりませんでした。
本当に本当に良い映画でした。
私はback numberが好きで、太田を知って神奈川から来たのですが、見れてよかったです。
曲が歌われるシーンでは大号泣しました。
これから大応援していきますので、ぜひ全国、九州まで公開して下さい。
本当にありがとうございました。
(2015・2・21 試写会)

25才・女性

何げない日常生活だけど、見ているうちに引き込まれていきました。
物語と歌がとてもマッチしていて良かったです。
途中で少しクスッと笑える場面もあって楽しかったです。
(2015・2・21 試写会)

42才・女性

とにかく桐山漣君の泣きにもらいました。あの弱さを表現できる俳優さんはなかなか居ないと思います!太田のロケーションもすてきでした!
(2015・2・21 試写会)

35才・女性

今、仕事がつらくて転職を考えていますが、映画を見て、主人公みたいに少しずつ大人になれるよう頑張ります。とても感動しました。
(2015・2・21 試写会)

22才・女性

とても感動しました☆太田から発信していきましょう!
(2015・2・21 試写会)

17才・女性

僕も田舎から上京し、自由業なので、主人公の気持ちに入りこみました。地域愛を感じました。漣君かっこいい。
(2015・2・21 試写会)

25才・男性

短い期間でこれだけのモノを撮るのはすごいと思いました。漣くんの歌もとても上手で、感動しちゃいました。
(2015・2・21 試写会)

40才・女性

桐山くん目当てで観に来ましたが、ストーリー自体が本当にすっごく良くて、感動しました!正直なめてました(笑)地元の色、空気、家族、友人を感じて、改めて今ある全てを大切に感じられた作品でした。ありがとうございました。
(2015・2・21 試写会)

29才・女性

感動しました。この映画がいろいろな人の心に届きますように。
(2015・2・21 試写会)

24才・女性

最近見た映画の中で一番良かった。「風たちぬ」や「そして父になる」より良かった。
(2015・2・21 試写会)

64才・男性

大変感動した映画でした。自分の青春時代はあれほど深く人生を考えたことがなかった。友人、家族の愛を深く感じ、久々に涙した映画でした。
(2015・2・21 試写会)

80才・男性

THIS IS A NOT T-SHIRT
(2015・2・21 試写会)

16才・女性

宮城県にぜひ、来て下さい!
(2015・2・21 試写会)

19才・女性

3月28日が楽しみです。
(2015・2・21 試写会)

60才・女性

初め10周年映画「ふ~ん」と思い誘われて来ましたが、実際に見せていただき、とても良かったです。

見て、良かった。
(2015・2・21 試写会)

59才・女性

自分と息子をかさね合わせて見ていました。とても感動いたしました。ぜひ、みなさんにも見ていただきたいです。
(2015・2・21 試写会)

52才・女性

すぐにback numberのCDを買いに行こうかな?ボケ防止にギターをはじめたいと思った。音楽のある青春ストーリーは、たいへん良かった。
(2015・2・21 試写会)

55才・男性

一言。とても、涙と元気と
夢をいただきました。
(2015・2・21 試写会)

75才・男性、71才・女性

今日は栃木からきました。太田には縁もゆかりもありませんが、この映画を通して太田のしがらしい所も知れて、この土地をもっと知りたいと思いました。そして音楽のすばらしさも又、知りました。
(2015・2・21 試写会)

34才・女性

今回、この映画を知ったのが遅くて、地元・愛知県での上映は終了していました。
なので、この映画を見るためだけに大阪まで行ってきました。

最近の音楽映画は、恋愛が主だったりするのですが、この映画は 家族や 友情など いろんな場面で愛が溢れていました。

back numberさんの曲を、桐山漣さんが歌っているシーンでは、私は back numberさんの歌ということを忘れて聴き入っていました。
そのときの真山の心情、状況にぴったりとはまっていて、胸がジーンと熱くなりました。

大阪まで見に来て良かったですし、久しぶりに素敵な映画に出会えたと思っています。
また遠出してでも観たいと思いました。
DVDとして販売していただけたら嬉しいです。

21才・女性

先日神奈川県から千葉まで観にいきました。
とても温かく心がほんわかしました。
感動して泣きました。
実際にある現状ですよね。
その当たり前のことがこのよーな作品で改めて観ると親の気持ち。子どもの気持ち。友人。
反対しながらも心ではやはり応援してるんですよね。

夢を叶えるために東京へ。。
どーなるか分からなくともかなえさせてあげたい親。叶えたい息子。

イザ何かあればあーやって戻っきて親孝行すればよいと思わせるところ。

佐々部監督の作品は優しい気持ちになります。

ありがとうございました。素晴らしい作品を。。

49才・女性

邦画らしさが出ていてスゴく好き。
どデカイ事件などは全くなく淡々と物語は進んでいきます。
ただそこには「時間」、「時の流れ」が丁寧に描かれているのです。
故郷に帰らず10年も経ったにも関わらず変わっていない関係を友人とのやり取りなどで感じさせつつも、
物語が進んでいくにつれて出てくる10年という歳月の重さ、変化、迷い。
桐山漣の気まずそうな演技がとてもリアルだった。

家族の絆、そして同級生との恋模様も見所。
家族の絆の描き方は、「ガッツリ描き込まれている」、というよりも
空気感というか関係がとても理想的と思える見せ方。
理想の母、理想の父、理想の妹であって凄く心温まる。最後までハートフルな作品。
こうやって人は成長していくんだ。

遠くでずっと気にかけてくれていた(自分も)女性との物語は幼い頃のピュアさや青春を思い出させてくれる。
そして主人公にとって大切なことを気づかせて支えてくれる見事なキーパーソンである。

升毅さん宮崎美子さんはもちろん、出演するキャストの方々の演技が本当に素晴らしい。
この町が実際にあって、そんなこの町でみんなが実際に生きていると錯覚するほど。

さて、そんでもって最大の見所は桐山漣の歌唱シーン。
歌(曲)は主人公の役柄でもわかる通りこの映画のメインテーマでありキーポイントであるため要所要所に
桐山漣の歌とギターのシーンが出てくるのだが、それがクライマックスへの壮大な「フリ」になっている。
あの歌の存在、あそこであの人と歌ったのも、あそこであの人に歌わなかったのも全てに意味があるのだ。
back numberの名曲「電車の窓から」のシンクロ具合が、より一層この作品を盛り上げ、
桐山漣の歌唱力と迫力も含めクライマックスには思わず涙した。

久しぶりに良い邦画を観ました。

「群青色の、とおり道」、とても素敵な映画でした!
私は近くにやっている映画館がなかったので少し遠出して見に行きましたが、どんなに遠くても見てよかったと心から言えると思います。むしろ見ないと損な気がします。
この映画の影響でbacknumberさんの「電車の窓から」にハマってしまいました!!
漣くんの「電車の窓から」もCD化してほしいくらい素敵でした
もう1回見に行きたいです!!!

15才・女性

前から楽しみにしていました。人と人の繋がりの様子で、じんわりと心が温かくなり何回も観た
くなりました。
桐山さんの歌も聴いていて、とっても良かったです。
10年という月日が自分にとってもどうたったか、考えさせられました。
風景やお祭りのシーンから、太田市へ行ってみたいです。

私には地元と呼べる、自分を受けいれてくれるふるさとがありません。
だからこそ、この映画は何か心に響くものがありました。
誰かが自分を思ってくれていて、自分を気にかけてくれている。それがどれだけ素晴らしいことか。特別なものではなく、その時は気付かなくても、振り返った時にようやく気付けるもの。それが家族や友人の温かさだと思いました。
幸せな人生ってこういう事じゃないかなと思います。特別大きなことをするわけでもなく、ただ自分の夢を叶えようと奮闘して、でも、上手く行かなくて。そんなときに帰っておいでっていう家族や友人の言葉を聞いて。当たり前だと思ってたことが全部奇跡に思える。
私はこの映画を見て、ただ真っ直ぐ訴えかけてくる歌を聞いて、そう感じました。
私はまだ高校生です。まだ十年ちょっとしか人生というものを経験してません。けれどいつか自分の人生を振り返るとき、「自分の求めていた幸せの定義はこの映画が教えてくれた。」そう思えるのではないかなと思いました。
素敵な映画を本当にありがとうございました!!

真っ直ぐ、直球で響く漣さんの歌声、心が温かくなって涙が止まらなくなるあの歌声を音源化してもらえないでしょうか。もちろん、私の個人的なお願いなのですが、劇中歌がどれも素晴らしくて、何度も聞きたくなってしまったので。
よろしくお願いします。

7月21日渋谷のユーロスペースにて鑑賞させて頂きました。

地元太田を離れ上京し二十数年。高校を卒業しそれ以来家の事は妹に任せきりでまともに連絡もせず主人公と同じような境遇で鑑賞させていただきました。

金山や大光院など懐かしい自然の風景に懐かしさを感じました。

またこの映画を通じ家族の愛を強く感じることができました。

しばらく地元に戻っていませんが5年前がんを患い克服した父も健在ですので時間が出来たら是非帰省しようと思います。

何にもないと思っていた地元ですがそこには大きな家族の愛そして友情があるようにこの映画を通じて感じました。

40才・男性

作品を観て一週間が過ぎましたが、その感動は 覚めることがありませんでした。

この物語には、驚くような出来事や格段のドラマチックな展開があるわけではありません。
なのに、こんなにも心打たれ、涙が止まらないのはなぜなのでしょう。

人と人とのつながり…人生って素晴らしい。
幸せな思いになれる…心を温めてくれる映画です。

地元の方々の作品愛も大いに感じます。
祭りのシーンが印象的です。
臨場感、迫力が見事でした。

故郷を舞台にこんなステキな作品が生まれたのは羨ましいですね。

脚本も 演出も 音楽も 映像も 演者さんの技も 素晴らしく、そのハーモニーが素晴らしいです。

桐山さん演じる主人公…真山佳幸という人物が実在であるかのように、演者が本人なのではないかと錯覚しました。さりげなくもよく考えて演じられていたと思います。
上京して10年経っても尚、いい意味で垢抜け切らない、都会に擦れていない主人公の様子がよく表れていました。繊細でありつつ、静かに燃える心の中のスピリッツも感じました。

杉野さんの唯香も心に残りました。
佳幸と唯香のシーンの数々…いずれもいいですね。
唯香のコトバ…とても説得力があって何度もうなずきました。

宮崎さん演じるお母さんは、本当に実在という気がしました。
親子の会話が特に好きです。
旦那さんや子供達をもり立てる縁の下ながら、真山家はお母さんのおおらかさで もっている気
がしました。

安田さんの幸恵も素晴らしい。
ピュアさがよく伝わってきてきます。
主人公に対しての思いの変容が、他の登場人物に比べて幸恵は振り幅が大きいという点で、物語の中でキーパーソンになっていると思いますが、幸恵の姿がイキイキとリアルに描かれることにより、それ自体がストーリーになっているし、流れにメリハリが生まれて面白くなっていると思います。

そして、升さん演じる一家の大黒柱の真山年男さん。
モデルがいたのかなという感覚になりました。
お父さんの立ち居振る舞い…ギャップもあり、リアリティに富んでいて 説得力がありました。

その他、まるこおばあちゃん、唯香のお父さん、友人の皆さんなどなど、本当に皆さん、いい味を出しておられました。

個人的には、食べ物がまつわるシーンのそれぞれが好きです。イキイキと、そして意義深く描かれていたと思います。

そして、何と言っても音楽がいいですね。
主人公の熱唱シーンは、歌唱力、エネルギーに溢れ、思いの深さがヒシヒシと伝わってきて圧巻です。
でも、それだけではない…色々な登場人物が歌うシーンの一つ一つが珠玉だと思います。

映画を二度観ましたが、今後も出来る限り観たいなと思っています。

決して押し付けではない、けれどそこから発せられる普遍的なメッセージは、これからも多くの方の心を 揺さぶることでしょう。

43才・女性

自分の夢を反対されて、家族がバラバラになってしまったり、うまくいかない事があるということにすごく共感しました。でも、家族はとても大切な存在だと、いつか感じる時がきっとある、という所まで私と重なる所がありました。家族のつながりをとても感じられるステキな映画でとても感動しました。
(2015・5・26 完成披露試写会)

15才・女性

私も親には学生の頃、迷惑ばかりかけていました。映画を見て思い出しました。次回は母と一緒に観て、親孝行したいと思います。
(2015・5・26 完成披露試写会)

30才・女性

家族が温かく、迷惑をかけたり気持ちを考えずに好き勝手やっている自分に、好きなことをやりなさいと言ってくれる親の優しさ、愛情を感じる瞬間は、私にもあったことなのですごく共感しました。
(2015・5・26 完成披露試写会)

21才・女性

とても懐かしくて、親に感謝の気持ちを伝えたい、という気持ちになりました。自分の故郷がこんなにも感動的な作品として発表されたことをうれしく思います。
(2015・5・26 完成披露試写会)

54才・男性

母校へどれくらい行ってないだろう?あの景色をどれくらい見てないだろう?同級生とどれくらい会ってないだろう?と思いながら観ました。金山、ねぷた懐かしかったです。故郷の映画ありがとうございました。
(2015・5・26 完成披露試写会)

32才・女性

家族っていいなあと思いました。ぜひ息子、娘と一緒に見たいです。
(2015・5・26 完成披露試写会)

56才・女性

1・2度目は、子供達と観て、本当に何度も観たくなる映画だと実感しました。

3度目は、近々同窓会があるのですが、その幹事をする私を含め、友人6人で観てきました。
その中で一人「私、途中で寝ちゃうかも」と言った友達がいたのですが、館内が明るくなってびっくり。
その彼女が一番号泣してました。
最後には「こんなにいい映画に誘ってくれてありがとう。漣くんのファンになっちゃった。
寝ちゃうかもなんて言ってごめんなさい。」と言ってもらえました。
同じように他の友達にも、映画に誘った事を私は感謝されました。

4度目は主人と二人で行きました。二人で映画なんて何年ぶりでしょう。主人にどう思われるかは不安だったのですが、帰りに「もう一度観たくなる映画だね」と言ってくれて、私は主人に気兼ねなく、その後3度も映画を観ることが出来ました。

5度目は長い付き合いの仲良しママ友と4人で行きました。
その晩の食事会では映画の話になり、どうしてよくある話なのにあんなに感動するのかと、私は訪ねられたのですが、
それは私が一番訊きたいです。

6度目は母と行きました。
脳梗塞を患っているので少し足が不自由です。
母は映画を観るのは54年ぶりだそうです。
杖をつき一段一段頑張って登って、真ん中くらいで観ることができました。
始まる前のスクリーンを観て、「やっぱり大きい画面はいいねぇ」と言ってました。
映画は途中からずっと泣きっぱなしで終わってもなかなか立てず、「いい映画だったねぇ」を繰り返していました。
帰り道、パンフレットにあった撮影現場に車で一回り行きました。
私は少し早い母の日を迎えた気持ちになりました。

7度目は会社の同僚と行きました。事情があって最近やむなく退社した同僚です。
彼女はこの映画で勇気をもらったそうです。
今後なかなか会えない彼女に、ひとついい事をした気分になれました。

群青色の、とおり道。
この映画だからこそできた私の7回のエピソードです。

老若男女問わず感動できる映画だからこそです。

私の安っぽい感想より、私の体験した事実が、この映画の全てを語っていると思い、投稿させていただきました。

今日はいつもお世話になっている叔母と、8度目の映画鑑賞に行きます。
30年ぶりくらいに二人だけで出かけます。
私にはまた、素敵なエピソードが増えるでしょう。

私にとってこの映画は、いつまでも掛け替えのない宝物です。

こんなにも素敵な映画を本当にありがとうございました。
(2015・5・11)

46才・女性

僭越ながら、「群青色の、とおり道」の感想を投稿させていただきます。

私は、太田市の出身ではありませんが、この映画に出会えてとても幸せです。

昨晩レイトショーを観終わった後、様々な想いが頭の中を巡り、暫く眠れませんでした。
朝目覚めると、自然と涙が流れて来ました。

祭に戻って来た真山の姿、やっと完成された曲をステージで歌う姿を思い出し、涙が止まりませ
んでした。

真山の10年間は決して無駄ではなかった。
この10年が、真山をこれだけ優しい人にしたのだから。

家族、故郷、友人、恋愛、仕事、人生で大切な事が全て詰まったこの映画は後世に繋いで行きた
い、自分にとって、とても大切な映画です。

転勤し3年間、群馬で仕事をした事で太田に行く機会も多く、太田の方にはとてもお世話になり
ました。
また新たな地でのスタートとなりますが、群馬での最後、「群青色の、とおり道」に出会えて、
本当に嬉しかった。
(2015・4・18)

32才・男性

2月の試写会でも見ましたが、今月1日に今度は映画館(イオンモール太田)で見てきました!
2回目なのに同じようなところで泣きました。今回はちゃんとハンカチを用意していたのに、アイラインを引いたことに後悔しました。笑
今回も市長さんが出てらしたシーンでは、お客さんから笑いが起き、愛されているんだなと改めて思いました。
昔我が家にもぜんまい式の時計があって、映画を見るとすでに他界した祖父が毎日巻いていたのを思い出し、泣けてしまいます。偶然だとは思うのですが、今back numberとトニックがコラボキャンペーンが始まっているので、劇中で出て来るトニックという単語にニヤッとしてしまいました。後でパンフレットを読んだら、監督さんのアドリブだったようで、さすがだなと思いました。パンフレット、本当に良かったです!二ノ宮先生の漫画も、kindleでは読んでいたのですが、やっぱり紙で読むのがいいですね!友達も言っていましたが、最後の見開きのシーンが、映画とリンクして泣きそうになります。
今回は時間なかったのでイオンシネマにしか行けなかったのですが、ロケ地周りをしにまた来たいなと思ってます。特に金山が気になってます。

駅からタクシーで向かったのですが、運転手さんが知らないようだったので、フライヤーを渡して宣伝してきました!もっと地元の方にも見てもらいたいですね。
太田イオンシネマには、フライヤーがなくなっていたのが残念でしたが、その後HMVに行ったら置いてあったのでよかったです。
(2015・4・9)

25才・女性

将棋のシーンわなんか心に来ました!!
無駄に自分の親とかと重ねてみたりして映画に入り込んでしまう感じでした!!!
自分の兄もエキストラでてそれもあってパンフレット買ってみたらエピソード0があってそれも
それで面白かったですw
(2015・4・7)

4月5日(日)に家族を誘って、イオンシネマ太田に見に行きました。
私自身は前橋在住なのですが、太田まで行ったことで映画館内の観客は太田の方が多く、
場面によって他の観客のざわめきや笑い声などが聞こえ、「地元感」を感じる事ができました。

とても素晴らしい映画で涙がこぼれました。
心に温かく、誰もが前向きになれるストーリーだと思います。

特に音楽がすばらしい。
back numberさんの曲だということはわかっていますが、是非、桐山漣さんでCDを販売していた
だきたいです。
もしくは真山佳幸さんの名前で、他の曲も歌っていただけると、さらに素晴らしい!

小学生の息子に「仮面ライダーWの人が出るから」と言って、一緒に行ったのですが、
息子も歌がとても気に入ったようで、
「さすが、仮面ライダーの人は、歌もうまいんだね」と大満足でした。

もう一度観に行きたくなる、ステキな映画です。
ありがとうございました。
(2015・4・6)

37才・女性

エアリスホールの試写会と28日初日にMOVIX伊勢崎で観ました。
自分も色々な思いを胸に群馬に出てきた身なので、『電車の窓から』が流れた時点で2回とも自
然に涙がこぼれ落ちました。
太田市合併10周年を記念し市民の為に後世に残る記念映画を作りたかった清水市長の思い、いち
早くそれに応え佐々部監督に思いを伝えた尾島出身橋本プロデューサーの思い、2人の思いに応
えて下さった佐々部監督、俳優の皆様の思い、ピュアな思いが集結して完成した作品です。
心に響かない筈がない また観に行きます。
(2015・4・2)

群馬県太田市の合併10周年を記念して作成した作品としては、かなりれべるの高い作品だった
と思いました。夢見て東京に出た男性だったら主人公の気持ちで鑑賞できるので、そういう人に
は特にオススメしたいです。
また、焼き饅頭や太田焼きそばなど群馬県の名物がたくさん出てくるので、全国の群馬県出身者にも観ていただきたいです。地元太田市の魅力は勿論、親の、田舎の暖かさが心にしみわたりました。
終始涙を押さえながらの鑑賞でしたので、もう一度見たい作品です。
エンドロールで太田市長がカメオ出演していたのも驚きました。今年一番良かった作品です。
(2015・4・2)

51才・男性

試写会と公開初日の2度観させて頂きました。今の正直な感想は『もう1度、観たい』。
1度目の試写会の時には気が付かなかった、見えなかったそれぞれの気持ちや景色が、2度目にはもっとはっきり見え涙が自然と溢れました。
果たして3度目にはどんな風に見えるのか、この目でこの心で確かめたいです。
そしてback numberファンの私がどうしても伝えたいこと。
真山が、ヨシくんが、桐山さんで良かった。
(2015・4・1)

34才・女性

映画を観て、早速パンフレットを購入しました。
映画で泣き、二ノ宮さんのエピソード0を読んでまた涙が出てきました。
最後の線路の絵は、漫画なのに「電車の窓から」聞こえて来るのが不思議でした。

普通のことがなぜこんなに感動するのか。
挿入歌に乗せて、忘れていた何かを思い出させてくれる。
だからきっと泣けるのでしょう。

監督や演者さん、スタッフの方々に感謝です。
太田市をこんなに素敵な映画にしてくださり、本当にありがとうございました。
間違いなく、太田市の自慢です。
(2015・4・1)

52才・女性

誰もが大人になる時に経験する、あの独特な胸の痛みや高鳴り、そして、自分が大人になるとゆうことは家族や周囲も変化してゆくとゆうことに気づく青い春。

その誰もが通過する、してきた『とおり道』が描かれていて、自分が今、当たり前とゆう幸せに
包まれていることに改めて気づける素晴らしい映画でした。

私は、初日に、イオンモール太田で拝見しましたが、また何度も見たくなりました。いずれはDV
DやBlu-rayも欲しいです
(2015・3・31)

23才・女性

とっても...愛が溢れた映画でした。
観終わっても...涙がとまりませんでした。

なんでもない、ありきたりな毎日ほど
幸せなことはないんだなぁ。。
...って、あらためて気付かせてくれる素敵な映画です。

家族って、いいなぁ。。
友達って、いいなぁ。。
ひとは、ひとりで生きてるんじゃないんだなぁ。。

いつも、誰かのことを想って...
いつも、誰かに想われてるんだなぁ。。
...って、とっても心があったかくなる映画です。

是非!!
スクリーンで観て...
実感してみてください!!

桐山漣くんの魂のこもった歌声が...
たまらなくいい。。

響きました...心に。。

漣くん!
あなたの...アツい歌声に
感動しました!!

映画なのに...
ライブ感が半端なかったです!!

もう一回観たい。。
いや...何度でも観たい!!

そう、思わせてくれる...
この映画には、不思議な力があると思います。

何度観ても...たぶん、
その時その時で感じられるもの...
得られるものがあるような気がするのです。

こんなに...
作り手の方々の...たくさんの人の熱量と愛情の詰まった映画を観たのは、初めてかもしれません。

なんか...思いが溢れ過ぎて、うまく感想がまとめられませんけど(笑)
とりあえず、言わせてください!

佐々部監督!漣くんっ!
スタッフ、キャストの皆様!

「群青色の、とおり道」
最高でした!!

名古屋から、群馬まで足を運んだ甲斐がありました!

こんな素敵な映画を...
本当にありがとうございました!!

「群青色の、とおり道」
みんなの愛で!
群馬から、全国へ!!
心より応援しております!!
☆~ヽ(≧▽≦)/~☆
(2015・3・31)

41才・女性

実家を離れ一人で暮らし始めて1年経ちましたが、実家を思い出し、地元を思い出し、自分に置
き換えて考えたら涙が止まりませんでした。早く全国上映されることをほんとうに待ってます!
(2015・3・30)

19才・女性

すごくいい映画で感動しました。
群青色のとおり道を作ってくださって
ありがとうございました。
(2015・2・21 試写会)

11才・女の子

主人公は、音楽で成功するのでしょうか?
家をつぐのでしょうか?
それは、みた人が 感じたものが
正解 ということでしょうか。
(2015・2・21 試写会)

42才・女性

焼きまんじゅうが、おいしそうだった。
(2015・2・21 試写会)

12才・男の子

映画を見て「群青色」の意味が分かりました。
人とのつながり、家族ってとても良いなと思いました。
何年たっても人とのつながりは絶えない。
(2015・2・21 試写会)

40才・女性

感動の一言です
涙 涙 涙でした
ありがとうございました
(2015・2・21 試写会)

80才・女性

何度も観たい映画です
(2015・2・21 試写会)

33才・男性

青春は2度とありません
青春時代は失敗することなど恐れず
進むことの大切さを教えてくれたと思う
(2015・2・21 試写会)

71才・男性

もう涙が止まりませんでした。
本当に本当に良い映画でした。
私はback numberが好きで、太田を知って神奈川から来たのですが、見れてよかったです。
曲が歌われるシーンでは大号泣しました。
これから大応援していきますので、ぜひ全国、九州まで公開して下さい。
本当にありがとうございました。
(2015・2・21 試写会)

25才・女性

何げない日常生活だけど、見ているうちに引き込まれていきました。
物語と歌がとてもマッチしていて良かったです。
途中で少しクスッと笑える場面もあって楽しかったです。
(2015・2・21 試写会)

42才・女性

とにかく桐山漣君の泣きにもらいました。あの弱さを表現できる俳優さんはなかなか居ないと思います!太田のロケーションもすてきでした!
(2015・2・21 試写会)

35才・女性

今、仕事がつらくて転職を考えていますが、映画を見て、主人公みたいに少しずつ大人になれるよう頑張ります。とても感動しました。
(2015・2・21 試写会)

22才・女性

とても感動しました☆太田から発信していきましょう!
(2015・2・21 試写会)

17才・女性

僕も田舎から上京し、自由業なので、主人公の気持ちに入りこみました。地域愛を感じました。漣君かっこいい。
(2015・2・21 試写会)

25才・男性

短い期間でこれだけのモノを撮るのはすごいと思いました。漣くんの歌もとても上手で、感動しちゃいました。
(2015・2・21 試写会)

40才・女性

桐山くん目当てで観に来ましたが、ストーリー自体が本当にすっごく良くて、感動しました!正直なめてました(笑)地元の色、空気、家族、友人を感じて、改めて今ある全てを大切に感じられた作品でした。ありがとうございました。
(2015・2・21 試写会)

29才・女性

感動しました。この映画がいろいろな人の心に届きますように。
(2015・2・21 試写会)

24才・女性

最近見た映画の中で一番良かった。「風たちぬ」や「そして父になる」より良かった。
(2015・2・21 試写会)

64才・男性

大変感動した映画でした。自分の青春時代はあれほど深く人生を考えたことがなかった。友人、家族の愛を深く感じ、久々に涙した映画でした。
(2015・2・21 試写会)

80才・男性

THIS IS A NOT T-SHIRT
(2015・2・21 試写会)

16才・女性

宮城県にぜひ、来て下さい!
(2015・2・21 試写会)

19才・女性

3月28日が楽しみです。
(2015・2・21 試写会)

60才・女性

初め10周年映画「ふ~ん」と思い誘われて来ましたが、実際に見せていただき、とても良かったです。

見て、良かった。
(2015・2・21 試写会)

59才・女性

自分と息子をかさね合わせて見ていました。とても感動いたしました。ぜひ、みなさんにも見ていただきたいです。
(2015・2・21 試写会)

52才・女性

すぐにback numberのCDを買いに行こうかな?ボケ防止にギターをはじめたいと思った。音楽のある青春ストーリーは、たいへん良かった。
(2015・2・21 試写会)

55才・男性

一言。とても、涙と元気と
夢をいただきました。
(2015・2・21 試写会)

75才・男性、71才・女性

今日は栃木からきました。太田には縁もゆかりもありませんが、この映画を通して太田のしがらしい所も知れて、この土地をもっと知りたいと思いました。そして音楽のすばらしさも又、知りました。
(2015・2・21 試写会)

34才・女性